2018年1月 2日 (火)

昨年の餅つきで驚いたこと

Photo
餅つき・・・と言っても今では全自動餅つき器が、一晩水につけておいたもち米を、蒸して、ついて、お餅の塊にしてくれますから、私達家族の役割は、取り出したアツアツのお餅を小さくちぎり、揉み込んで形にすることです。

 

やや丸めた左の手のひらにお餅を載せ、同じくやや丸めた右の手のひらで蓋をして、人差し指から小指までの指先をお餅の下にほんの軽く潜り込ませるように包み込み、右の手のひらを時計回りにクルクル回す。するとお餅は手の中で反対の左回りに回り始め、まるくお餅をこねることができたら右手を外し、左の手のひらを真っ直ぐにした上で、右手の平でお餅の頭をポンポン、軽くならせば一丁上がり。物心ついてからずうっと続いている、一緒にこねる家族は移り替わっていても、風情は変わらぬ年末の家族の情景、郷愁の一場面です。

 

で、今年気がついた変化、それは「片栗粉」。指で押せば、「キュッキュ」と音のする、お餅がもろ蓋などにくっついてしまわないように薄く引くあの白い粉。もうとっくの昔にじゃがいものデンプンで代用され、「かたくり」は名前だけが残っていたけど、今年妻がスーパーで買ってきたのは「もち取り粉」()。包装袋を見てみれば、色は白いけど中味は片栗ではなくて、代用のじゃがいもでもなくて、「コーンスターチ」ですって。

 

Photo_2

片栗はかつて多く自生していたらしいけど、今では群生地は数えるほど。花は下向きに咲き、花びらが反り返っている独特の形が印象深いですね。私の地元のローカル線JR福塩線沿線には自生地がいくつかあって、春先の開花時期に訪ねると薄紫の愛らしい美しい花が出迎えてくれますね。(画像はWikipediaさんからお借りしました)

 

Photo_3


コーンスターチはお菓子や餃子などの皮にもよく使われていて、普段知らないうちにでも普通に口にしているおなじみのものだけど、食品メーカーでもなく家庭でこねるお餅に、片栗粉でなく、せめてじゃがいもデンプンでもなく、コーンスターチっていうのが、なんとなく私には違和感が湧きましたね。

 

日本伝統のお餅にまで「輸入トウモロコシ」由来のものが浸透している・・・畜産飼料ももちろん、日本はすでに輸入トウモロコシ抜きには食糧事情を考えられない国になってしまっているのかなあ。

 

生命線を握られている・・・すでにそうなのかもしれない。流行りの炭水化物ダイエットもそうでしょうに。じゃあお米が確固たる主食であった時代の昔の日本人は肥満だらけだったってこと?鯨といいマグロといい、日本へ食肉を輸出する業者がなんとよろこぶ話題だこと。私には別な事情があるように思えますかねえ。

 

自衛の思いも含めて、命の糧について自分でできる自給をもっと積極的にやっていこう、目指すは完全自給自足だと、コーンスターチもち取り粉を見て、新年に思いを新たにしたことであります。

2017年11月12日 (日)

いつか行ってみたい! 離島 青ヶ島

8aee3506d388fc477e54f14f86347c9a

「3・5・8」は聖なる数字

うたし仲間ではすっかりおなじみ

皆さん、車のナンバーにしたり○○の暗証番号にしたりと日常生活でも色々と取り入れ活用されています

青ヶ島は東京から358Kmなんですって

そしてそこに行くまでも欠航が多くヘリも一度に少しの人数

予約も何ヶ月待ちの状態だそうで

行くのも一苦労

0ba40ceaeb4851664356fdea8e46d29c

それでも行けたらたくさんの自然が残り

島の構造も珍しい2重カルデラ構造

海の幸は当然美味でありましょうし

夜の星空もきっと素敵

無人島ではなく住民もいらっしゃるようで

滞在には困らないでしょうし

空気も美味しいでしょうし

こんな島ですべてを忘れてのんびりと何日か過ごせたらきっと身も心もリフレッシュ!

お金を貯めて時間を作り

来年夏頃、計画を立ててみますかね♬

画像出典:

T&S×Runtrip】上陸難易度超A級! 東京の秘境「青ヶ島」へ絶景ラン

https://time-space.kddi.com/digicul-column/suguyaru/20170714/2042

 

2017年11月 7日 (火)

鯛のアラ

最近の晩飯定番の一つは、スーパーで買う鯛のアラ♬
普通でも300円もしない上に、夕方買いに行くと税込価格の2割か4割引き。Dscn1851


だいたいお頭が3つ4つほど入っていて、
これで大体2回分のおかずになります。

食べ方は、お吸い物もいいけど
私はやっぱり煮凝り派。

まずかみさんに薄口醤油で煮てもらい、冷めるのを待って冷蔵庫へ。
一晩待てば見事な煮凝り付き鯛の出来上がり♬

かみさんの味付けも何度も繰り返すうち、とても上手になりましたね。
苦からず甘からず、飽きさせずもちろん鯛の持ち味は活かしたままで。

アラとは言え、もちろんBODYに負けず劣らずレアステーキのような食感と、さっぱりしながらしっとりと味わい深い鯛のお頭の「み」、
固く丈夫な骨の隙間を縫うように「み」を取り出し、あるいは大きな骨ごと口に含みチュウチュウ吸い出し、心ゆくまで堪能、あっという間に1匹分の大きなお頭はほぼ骨だけになっちゃいますねえ。

これで百円玉三枚でおつり、なんとも超経済的!
ちゃんと「鯛の鯛」まできちんとあります。

Dscn1858
難点は間違って噛んだら歯が折れそうな硬い丈夫すぎるほどの骨太と、入り組んだところに多くある「み」と、どうしても少し残ってしまっているぺぺっと吐き出す鱗で、多少食べるに手間がかかること、だけど慣れればその手間すらも味のうち、

Dscn1859_2割烹なら煮凝りを小洒落た小鉢か綺麗なリキュールのグラスに盛って700円くらい?
子供の頃は一晩おいたら当たり前にこうなっていた魚の煮凝り、初めてお店で食べたときにはなんで煮凝りにお金払わにゃならんの?と不思議に思ったっけね。

口の中で溶かしながらご飯と一緒、余ったらワインでちびちび、

しばらく晩飯はこのアラ・シリーズが続きそうであります。

2017年5月 4日 (木)

大切なことにはすべてを使う

小笠原流食事作法で御飯をいただく時
まず両手でお椀を手に取りその後で箸をとり
お椀を手にしたまま箸を持ち変えます
 
大切なことにはすべてをつかう
 
手が2本あるのなら
両手で包み込むようにお椀を手に取りいただきます
御飯を箸で口に運んだら
箸置きに箸をおいて
お椀を置いてよく噛んで食べます
 
御飯を口にいれたら
入れたものをよく噛んでのみ込むまで
お椀もお箸も手放し「噛む」ことに専念します
 
大切なことは他のことはひとまず置いといて集中して事に当たる
 
手間がかかってめんどくさい
食べかたなんて関係ないならそれも良しですが
いわゆる行儀が綺麗な方って素敵だと思います
 
大切なことを大切にする習慣を身に付けたいので
時間がある時には食事の仕方を日常鋭意練習中
なんだかお味も変ってきます
大切なことはやっぱり大切なんだと実感の新習慣です
 
ブログ引っ越し前のアメブロ記事
 
小林正観さんファンのお店 うたしショップかわむら楽

http://utashi-kawamura.jp/

御恩を大切にしてみんな幸せになるお店 御恩堂 GO-ON-DO!

http://go-on-do.com/
2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ