心と体

2017年5月 4日 (木)

大切なことにはすべてを使う

小笠原流食事作法で御飯をいただく時
まず両手でお椀を手に取りその後で箸をとり
お椀を手にしたまま箸を持ち変えます
 
大切なことにはすべてをつかう
 
手が2本あるのなら
両手で包み込むようにお椀を手に取りいただきます
御飯を箸で口に運んだら
箸置きに箸をおいて
お椀を置いてよく噛んで食べます
 
御飯を口にいれたら
入れたものをよく噛んでのみ込むまで
お椀もお箸も手放し「噛む」ことに専念します
 
大切なことは他のことはひとまず置いといて集中して事に当たる
 
手間がかかってめんどくさい
食べかたなんて関係ないならそれも良しですが
いわゆる行儀が綺麗な方って素敵だと思います
 
大切なことを大切にする習慣を身に付けたいので
時間がある時には食事の仕方を日常鋭意練習中
なんだかお味も変ってきます
大切なことはやっぱり大切なんだと実感の新習慣です
 
ブログ引っ越し前のアメブロ記事
 
小林正観さんファンのお店 うたしショップかわむら楽

http://utashi-kawamura.jp/

御恩を大切にしてみんな幸せになるお店 御恩堂 GO-ON-DO!

http://go-on-do.com/

その他のカテゴリー

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ